2011年04月13日

演奏者変更をのお知らせ

プログラム写真.jpg

このたびの大震災のため、予定していましたベルンハルト・グフレラー氏の来日が出来なくなりました。
代役としてオルガニストの西尾純子氏にお願いいたしました。何ほどご理解の程よろしくお願いいたします。

プロフィール 
西尾純子
Junko Nishio−Makino 

国立音楽大学器楽科、同大学院修士課程修了後、ドイツ国立マンハイム‐ハイデルベルク音楽大学に学び、同大学を最優秀の成績で卒業。故吉田實教授、L.クレーマー教授に師事。ドイツでは在学中よりマンハイム市立音楽院講師を勤める傍ら、各地でソロリサイタルを行い、新聞紙上などで、絶賛を博す。帰国後も、毎年ドイツの招きを受け、各地のオルガンフェスティバルで、演奏。ハンブルクの聖ヤコビ教会、ノルデンの聖ルートゲリ教会等の歴史的オルガンの演奏は、特に、注目を集める。国内では、カザルスホール、上野石橋メモリアルホールを始め、各地にてリサイタルを開催。協奏曲は、読売日本交響楽団、東京ゾリステン等と協演、その他、東京都交響楽団等各地のオーケストラとも共演。室内楽、NHK放送等に出演。又、チェンバリストとしても意欲的に演奏活動を行い、高い評価を得ている。’98〜99年に再度渡独。日本とヨーッパで演奏活動を続けながら、H.フォーゲル、W.ツェーラー両教授の許で研鑽を積む。

現在、明治学院大学オルガニスト、聖グレゴリオの家教会音楽科講師、
日本基督教団弓町本郷教会オルガニスト、日本オルガニスト協会会員。
posted by 牧野成史 at 12:12| Comment(0) | 音楽
spacer.gif
spacer.gif